迷ったときは総合的に考えて得ならばやれ!損ならやるな!

生きていると様々なことで迷いますよね。

やるか、やらないか。

行くか、行かないか。

受け入れるか、拒否するか。

そんな時は総合的に考えて得な方を選んでください。

それが一番確実です。

まずは総合的に考える

非常にシンプルな例を挙げます。

ここに10本のくじがあります。
その中にある1本の当たりを引ければ賞金が貰えます。(賭朗勝負)
くじ引きは1回100円。

このとき、賞金が200円なら誰もやらないでしょう。
しかし、10000円ならほとんどの人がやると思います。

どちらも失うお金は100円で勝率は10%ですが、
片方は勝てば+100円、もう片方は勝てば+9900円だからです。

つまり10%の確率で+100円なら損、
10%の確率で+9900円なら得と判断しているんです。

こういった感じで迷っている事象(こと)は総合的に損か得かで考えてください。

世間体なんてものを気にしてブラック企業で消耗するより、
健康な状態でより良い道を選んだ方が得ならすぐにでも辞表を叩きつけるべきなんです。

友達の数なんてものを気にしてマウントばかりとる奴とイヤイヤ付き合うより、
スッパリ縁を切った方が得だと思ったら絶縁するべきなんです。

迷えば迷うほど一番貴重な時間を失う

迷うことで失うものといえば一番貴重な時間です。

どんな人でも時間は平等です。
逆にいえば、時間はどんなにお金を出しても増やせない一番貴重なものなんです。

1日中悩んでいたら、単純に1日を無駄にすることになりますよね。

しかし、その日にすぐ決断していればその1日が自由に使えます。

例えばブログなら数記事は書けますし、勉強に費やせば新たな知識が得られます。
バイトすれば現金が手に入ります。

つまり迷うことそのものが大損なんです。

確率は終息する。最終的には得な方に収束する。

確率は収束します。

サイコロも振り続けると1・2・3・4・5・6の目は全てが同じ回数に近づきます。

つまり総合的に得な方を選び続けていれば、最終的に得な方に収束するんです。

70%で勝てる勝負を続けていれば、たまに30%で負けることはあっても
最終的に勝率は70%に収束するということです。

逃げる方が得ならすぐに逃げろ!

ということで全ては総合的に得になる方を選んでください。

そして世の中にはやるだけ損で、逃げる方が得なことが多々あります。

そういったときはピューマより速く逃げてください。

※こいつはピューマではない

逃げるときにプライドが邪魔するとしたら、
冷静に考えるとプライドなんて1円にもならないことに気づきます。

1円にもならないものを守ることと、体や精神を壊すリスク、
総合的に考えるとどちらが得かは明々白々です。

あなたの人生が少しでも得な方に向かうことを祈ってます。

最近の投稿